ニュース

ニュース

東京都 平成28年度相続空家等の利活用円滑化モデル事業に選定されました

新たに東京都の補助金を利用した「空き家相談」を承ります

 

「東急電鉄 住まいと暮らしのコンシェルジュ」では、空き家をお持ちの方のご相談に対し「賃貸」「売却」「活用」「防犯」「管理」などのご提案をしておりますが、このたび東京都が実施する「平成28年度相続空家等の利活用円滑化モデル事業」の事業者のひとつとして選定されました。これにより、東京都内に空き家を所有している方等に耐震診断や税理士相談等に対する補助金(各種条件あり)を利用したご提案が新たに可能となりました。

コンシェルジュによる依頼先の選定や相見積りの取り寄せなど、お客さまの時間的・心理的な負担の軽減に、補助金による経済的支援が加わることで、空き家のお悩みをより安心して進めることができます。

現在空き家をお持ちの方はもちろん、相続により近い将来空き家を持つ可能性のある方も、まずはお気軽にご相談ください。経験豊富な有資格者のスタッフが、最適な解決策をご提案させていただきます。

 

<モデル事業概要>

■事業内容

・相続空家等の所有者又は相続予定者から、空き家利活用等の相談に無料で応じるワンストップの相談窓口を設置し、相談員を配置する。

 

■補助金対象経費(相談者一人当たり)

・耐震診断費 上限20万円

※建物の耐震性を確認する。

・建物状況調査費 上限5万円

※構造耐力上の安全性や雨漏り等の発生、設備配管の劣化等の有無を確認する。

・専門家相談費 上限3万円

※税理士や弁護士等に空き家の相続等に関する相談を行う。

 

■補助金交付要件

・相続空家等の所在地が東京都内である。

・その他、東京都が作成する事例集等への協力など条件がございます。詳細はお問合せください。

※先着順に申請を受け、東京都が設定した予算上限に達し次第、当該年度の受付は終了となります。

 

■事業の実施期間

・2016年12月1日~2018年3月31日

 

 

【ご参考】

東京都都市整備局(空き家のワンストップ相談窓口)

東急電鉄 住まいと暮らしのコンシェルジュ(空き家サービス)

以上

東急電鉄 住まいと暮らしのコンシェルジュ

ご相談予約はこちら

PAGETOP