相談実例 こんなお客様いらっしゃいました

さまざまな条件の中で 家を買うのに、どう進めればいい?

コンシェルジュで 購入物件 決めました!

社宅からの住み替え
【A様の場合】40代夫婦・お子様一人
手順は?どんな物件がいい?将来の売却は大丈夫?中古マンションを買ってリフォームしました!

コンシェルジュで 購入物件 決めました!

「やっぱり戸建に住みたい」夢のマイホームを建築家と実現。

「やっぱり戸建に住みたい」夢のマイホームを建築家と実現。

現在お住まいの借り上げ社宅の賃料補助期限が半年後に迫り、マンション購入をご検討。具体的にどのように進めていけばいいのか?とご相談されました。

鳴海

STEP1 まず優先順位を決めるお手伝い。

STEP1 まず優先順位を決めるお手伝い。

物件価格は大まかには「場所・広さ・築年」で決まり、予算内で優先順位を付けることが大事です。A様の場合、将来出身地に戻る想定のため売却のしやすさを重視し、駅徒歩10分以内でお子さんの学区内、さらに築年に関しては10年以内をご希望でしたが、エリア限定のため物件数がかなり絞られることと、RC(鉄筋コンクリート)造の耐用年数と安全性をお話し、15年以内を目安に探していくことにしました。

STEP2 FP相談で先々までの資金計画。

STEP2 FP相談で先々までの資金計画。

写真

現実的な将来設計は大きな安心材料です。現在の家計状況を把握するとともに、教育費や老後資金などを想定し、ライフプランを作成。住宅ローンは定年までの完済を目指し、具体的に借入額(返済額)と返済期間のシミュレーションをしました。

STEP3 相場などを確認し、物件見学・決定へ。

STEP3 相場などを確認し、物件見学・決定へ。

写真

どのような物件がいくら位か、相場の状況等も確認いただき、条件が固まったところで実際の物件見学をスタート。狭域なエリア限定という厳しい条件だったため、ご紹介の不動産会社にて新しい情報があった際にはこまめにご見学いただくなかで、ご希望に合う物件と出会いました。コンシェルジュには建築の専門家もいるため、リフォーム費用やどんなリフォームができるのかといった建築的側面からもアドバイス。納得してご購入をお決めいただきました。

現在、お住まいのA様の声

「中古マンション購入」を決めたポイント

「中古を買ってリフォーム」のここがよかった

「私が担当しました」

専門の資格を持ち、知識や経験豊富なコンシェルジュです。

コンシェルジュ

宅地建物取引主任者
不動産コンサルティング技能登録
マンション管理士

コンシェルジュからのひと言 条件に合った“購入の進め方”お手伝いします

ご相談予約はこちら

PAGETOP