住まいと暮らしのコラム

住宅展示場に行く前に
pixta_38210685_L

家を建てたいと思った時に「まず住宅展示場に行く」という方も多いのではないでしょうか。

実際に見に行き、何となく気になった会社(建物)をいくつか見たものの、各社の話を聞いたら頭が混乱してしまった…、というお客様もいらっしゃいます。

 

例えば、「地震に強いのは木造か鉄骨造か」と考えた時に、木造・鉄骨造双方の会社が「地震に強いのは木造」「地震に強いのは鉄骨造」とアピールすることでしょう。

これではどちらを選ぶべきか、分からなくなってしまいますよね。

 

ある見方をすれば木造が強く、別の見方をすれば鉄骨造が強い、ということなのですが、事前情報がない中でこのような話になると混乱してしまいますよね。

 

そのため、住宅展示場に行く前に予備知識を得ておくと、会社選びがしやすくなりおすすめです。

 

 

まずは自分が望む条件として「何をポイントに考えてるか」を整理することが重要になります。

デザイン雰囲気ももちろん重要ですが、家を建てようとしている土地の条件予算工期などの条件も整理しましょう。

 

「壁をなるべく少なくしたい」「天井を高くしたい」といった要望は会社によって対応できる範囲が異なりますので、選ぶポイントになりますね。

 

また、場所によっては建物に制限を受ける場合があります

制限とは、日照を確保するために建物の北側高さを制限する「北側斜線制限」、隣地境界から建物までの空間を確保するための「外壁後退距離」の指定など、さまざまです。

 

もちろん、概ねどの会社も対応は可能ですが「どこまで柔軟な対応ができるか」がポイントになるので、制限の範囲内で希望が叶う会社選びをしましょう。

 

 

整理した自分の望む条件と建築的な条件を照らし合わせて、さぁ候補の会社はどこだろう?と考えていくお手伝いをするのが、私たちコンシェルジュの役目です。

各社の特徴を把握した上で、中立な立場からおすすめの会社をご紹介いたします。

さぁ、候補の会社が絞れたら住宅展示場を見学しましょう!

東急電鉄 住まいと暮らしのコンシェルジュ

ご相談予約はこちら

PAGETOP