住まいと暮らしのコラム

売却査定って何?
9392309e19a0ad837bfb167f88796ed5_s

ご自宅の売却を考えたときに、ポストに入っていた「査定します」という不動産会社のチラシを見たことありますよね。

でも「査定」って、実際のところよくわからなかったりしませんか?

 

査定額とはこのように算定されます。

■査定額の計算方法

一般の方のご自宅を売却する場合、多くのケースで「取引事例比較法」という計算方法で査定額が算定されます。

 

「取引事例比較法」とは?

査定対象の物件に条件が近い過去の取引事例の中から適正な事例を集め、必要に応じて対象物件の条件や時点の修正を行い、地域的要因や個別的要因を考慮して比較評価する方法です。

 

これを聞くと、どこの不動産会社へ依頼しても同じ査定額になりそうですが、そうではありません。

■査定額とは

査定額は、参考に取り上げる事例により変動します。

また、戸建であれば前面道路の広さや方角、道路との高低差等、マンションであれば階数等といった項目ごとに点数付けて比較をしますが、その点数付けも各社によって違いがあります

 

大規模マンションなどで同マンション内の取引事例が多い場合は査定額のぶれが少なくなる一方で、近隣事例が少ない戸建の場合は、読みが難しく各社によって違いが大きくなることがあります。

 

ただ前提として、査定は不動産会社がその金額で売却することや、買い取ること等を補償をするものではありません。

あくまで販売活動をする際の「提案(参考)価格」です。

■仲介会社を決めるポイントとは

売却活動を依頼する会社を検討する際、査定を取った複数の会社の中から査定額の高い会社を選ぼうとするお客様がいらっしゃいます。

しかし、査定額はあくまで参考価格です

 

コンシェルジュでは、複数社へ査定依頼をしたときは、査定の信頼性や、販売活動方針、売却のお客様向けのサービス、そして何より担当者の人柄をポイントに比較検討することをおすすめしています。

売却活動は仲介会社とお客様の二人三脚で進めるものです。

会社として、担当者として信頼できるかがポイントです。

 

このように、あくまで査定額は参考と考え、仲介を依頼する会社は上記のポイントで慎重に選びましょう。

東急電鉄 住まいと暮らしのコンシェルジュ

ご相談予約はこちら

PAGETOP