売却が先か?購入が先か?

売却が先か?購入が先か?

買い替えの種類

不動産の買い替えを検討し始めたとき、気になるひとつが「今、住んでいる家を先に売却したほうがいいのか?」「新居を先に購入したほうがいいのか?」住み替えるためには、売却と購入、どちらを先に進めたらいいのかな?ということ。

勿論、売却活動と購入活動を同時に進行されたいと思う方も多いと思います。今住んでいる家の引渡日と新しい家への入居日を合わせられれば、仮住まいなどの余計な費用がおさえられるでしょう。しかし、売り買いのタイミングを思い通りにコントロールするのは容易なことではありません。

「自宅が売れたけど、住みたい家が見つからない」「家を買ったけど、自宅が売れない」とタイミングがズレてしまうと買い替えはうまくいきませんので、いざという時に困ることのないよう事前に売却と購入のどちらを優先するか決めておき、それに向けて準備を行っておくことが大切です。

一般的に不動産業界では、先に売却を行う場合を「売却先行型」、先に購入を行う場合を「購入先行型」等と表現をしています。ここではそれぞれの特徴を説明していきます。

売却先行型:先に自宅の売却を進める方法

[メリット]
■売却金額が決まり、新居の購入資金に充てられる金額が確定するので資金計画が立てやすい   
■売却を急ぐ必要がないため、計画している金額で売却できる可能性が高い

[デメリット]
■引き渡しまでに購入物件を決めなければならない場合、仮住まいが必要になる
■仮住まいが必要となる場合は、2度の引越し費用と手間がかかる

購入先行型:先に新居の購入を進める方法

[メリット]
■納得がいくまで希望条件に合う住み替え先を探せる
■仮住まいなど余計な費用の発生がなくなり、引越しがスムーズ

[デメリット]
■購入資金を先に用意しておかなければならない
■売却価格や売却時期が未確定なので、資金計画に狂いが生じる場合がある

まずはどちらの手順が自分の理想にあっているか、何を優先したいのか等を整理してみてください。
資金計画が定まらないというリスクを回避し、売却資金を購入費用にあてる予定であれば「売却先行型」がおすすめですし、また自己資金に余裕があり売却資金をあてにしないのであれば「購入先行型」もよいと思います。

ご自身の事情や資金面などよく考慮して、十分に検討のうえ無理のない計画を立てることが重要です。ですが、進め方は市場のニーズなどを考慮する必要もありますから、ご自身でさまざまな事を決断していくというのは難しい部分もありますよね。

不動産知識に明るい人の手を借りましょう!

ほとんどの人にとっては、不動産の買い替えは初めての経験でしょう。
営業マンに「あまり知識のないお客様だな・・・」と思われると、どうしても不動産会社主導で話しが進んでしまうことがあります。
まずは不動産会社に相談する前に、不動産に詳しい人のアドバイスを受け、住み替えに関する知識を増やしておくことは、ある面でリスクヘッジにつながると思います。

大切なのは、自分の納得いくかたちで買い替えを実現できるかどうかです。
その為にもお客様の立場に立って親身に話しを聞いてくれる相談相手となる人が居ると心強いのではないでしょうか。

私たちコンシェルジュが、第三者の立場からお客様のお買い替え計画をサポートします。
どうぞお気軽にご相談ください。

これからの住まいを考える「個別」住みかえ相談会

|コラム|ウィズコロナの時代、住まいのご相談で増えているのは?

|コラム|シニア世代の住み替え

このコラムを編集した店舗このコラムを編集した店舗

二子玉川ライズS.C.店

二子玉川ライズS.C.店

二子玉川ライズS.C.店

〒158-0094 
世田谷区玉川2丁目22-12 二子玉川ライズ S.C. ステーションマーケット1F

営業時間/10:00~19:00 
火曜定休・年末年始休業