1番安い会社と契約すべき?見積書・プランを比較しよう!

3社で見積もり比較するとき、何を決め手にしますか?単純に見積金額だけを比較しがちですが、見積範囲の違いや設備機器のグレード、商品の違いをしっかり把握することが大切です。
その他にも、会社によって諸経費の考え方も異なりますので注意が必要です。

また、後から「見積に入っていないため金額追加になります」とならないように要望したことがきちんと見積内容に反映されているかをしっかり確認しておきましょう。

1番安い会社と契約すべき?見積書・プランを比較しよう!

ポイント金額だけでなく、信頼できる担当者を探そう!

リフォームはでき上がったものを買うのではなく、お客様・リフォーム会社の営業担当者・工事の職人が一緒に作り上げていくものです。

工事期間中も打ち合せや仕様決めなどが続きますから、要望をしっかりと受け止めてくれる担当者、思いを叶える提案をしてくれる担当者かどうかを重視しながら、信頼できる人を探しましょう。

できること・できないことは早めに専門家に相談しよう

リフォームをして、壁を撤去し広いリビングにしたい!と思った時、一般の方には構造上可能かどうか判断できない場合が多いですよね。

漠然と考えているけど、できるかどうか分からないし…と思っている方は、まずは専門家に相談しましょう。

できること・できないことは早めに専門家に相談しよう

ポイント早めに専門家に相談することで、選択肢が広がりますよ!

図面だけでは判断できない部分もありますが、「できそうなこと・できなさそうなこと」を知っておくことで、リフォームプランは考えやすくなります。

できないことでも、他の方法でできたり、思いがけない提案があったりするかもしれませんよ!