住宅購入は何から始めたら良いのでしょうか

住宅購入は何から始めたら良いのでしょうか

大きなポイントは3つ

「何から始めたらいいですか?」多くのお客様からこのようなご質問を受けます。
住宅購入は頻繁にすることではありませんから、ごもっともな質問です。
よくお話させていただくのは、「大きな3つのポイント」です。
「エリア」「物件種別(戸建・マンション)」「予算」
これが決まらないと前に進みません。
エリアにこだわりのある方の住宅購入はある程度スムーズに進みます。予算が決まれば、自ずと物件種別が見えてきます。

エリアにこだわりの無い場合にはちょっと難航しがちです。その場合にもまずは予算を決めていきます。予算が決まれば、
おおよそのエリアや物件種別にしぼって購入活動を進める事が出来ます。
物件種別を決めるにも、やはり予算が決まらないとそれに続くものが決まっていきません。
結局は予算が決まらないとブレながら活動を続けて行くことになります。

ライフプランニングを受けましょう

今は情報が多く手に入る分、購入も効率的に短期間で話を進める事が出来ます。それで後悔が無ければいいのです。
生活に占めるローンの割合が高く厳しい生活になってしまったケースや、もう少し条件を変えて探したら良いものがあったのではないか?
と納得できずに終わったケースなど、ご自身に合った予算を知らずに購入をして後悔するケースは様々です。
あっという間に購入を決める事が悪い事ではありません。ただし、短い期間の中でも後ろ盾のある予算を決める為に、
購入前にライフプランニングすることをおすすめいたします。
ライフプランナーが現状の生活収支をシミュレーションソフトに入力、グラフ化し今後の人生のお金の流れを可視化していきます。
何となく生活をしていくのと比べて断然「生活へのハリ」が違ってきます!
あくまでそのグラフは予定ですので、予定と違ってしまったら修正すれば良いのです。
購入の時点でしっかり想定をして、今後の生活の計画を立てることが大切です。

コンシェルジュでは、購入やお住替えの計画をスタートさせる方にはライフプランからお手伝いさせていただいております。
まずはコンシェルジュに相談してみてください。

鈴野(SUZUNO)

このコラムの編集者このコラムの編集者

鈴野(SUZUNO)

たまプラーザ店

宅地建物取引士
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
福祉住環境コーディネーター2級
住宅ローンアドバイザー