子ども部屋のためのリフォーム

子ども部屋のためのリフォーム

子どもに個室は必要?

リフォームのお話を伺う際「子ども部屋を作りたい」または「子どものスペースを作りたい」というご相談をお受けすることがあります。

お子様が小さい場合、「リビングが玩具だらけになってしまって片付かないので、リビング横の部屋をプレイルームにしたい、玩具や絵本の収納場所を作りたい」、
小学校に入学前になると、「勉強できるスペースを作ってあげたい、一人で寝られる個室が必要なのでは?」というご相談をお受けします。

またはお子様ご自身から「お友達のお家に行ったら子ども部屋があった、同じように一人の個室が欲しい」とリクエストがあり、ご相談にいらっしゃることもあります。

最近は、リビングやダイニングで勉強する方が学力向上に繋がる!などの話題もあり、勉強スペースをリビングやダイニングに設ける場合も多いようです。
勿論、メリットもデメリットもあり、勉強に必要な明るさ(照明)の確保や、椅子とテーブルの高さの調節、リビングやダイニングが片付かない、という検討すべき点もあります。

ご両親様の考えかたやお子様の性格や希望、そしてどこまで間取り変更ができるか?にもより、完全な個室を作ったり簡単な間仕切りや家具でエリア分けをしたり、色々な方法があります。

プランの考え方

子ども部屋を作るために、ご主人様の書斎が無くなってしまった、奥様の趣味の部屋や収納スペースが無くなってしまった、という場合もあります。
その場合は、リビングや寝室にデスクを造作して書斎替わりにし、どこかデッドスペースに収納が確保できないか?など、今までの生活よりも不便に感じることがないように、プランを考えていきます。(お子様が独立した後はまた書斎に戻せるようにしたい!とのご希望も頂くこともあります)

住まいと暮らしのコンシェルジュからご紹介できるリフォーム会社のプランナーや営業担当者、施工担当者は、経験豊富な方が多く、色々なアイディアを出して下さり、いつも「こんな考え方があったのだ、こんな方法ができるのだ」と思えるプランの提案をいただきます。

お子様が落ち着いて勉強できるスペース、安全に遊べるスペース、安心して眠れるスペース、そして何よりもご家族皆様が、快適に楽しく暮らしていける住まいになるように、良いリフォーム(勿論、建て替えや新築でも)ができるようにお手伝いさせて頂きます。

お住まいに関するご相談やご心配なことがありましたら是非店舗にお立ち寄りください。

たまプラーザ店

このコラムを編集した店舗このコラムを編集した店舗

たまプラーザ店

〒225-0002 
横浜市青葉区美しが丘2丁目17-5 ROOF125 1F

営業時間/10:00~19:00 
年中無休(年末年始を除く)