私のおうち購入体験談 20代で建売購入、40代で売却から注文建築へ(後編)

私のおうち購入体験談 20代で建売購入、40代で売却から注文建築へ(後編)

前編はこちらから

関連するコラム

私のおうち購入体験談 20代で建売購入、40代で売却から注文建築へ(前編)

私のおうち購入体験談 20代で建売購入、40代で売却から注文…

一人目の子供の産休が近づいてきたある日、産休・育休手当で毎月の収支はどうなるかについて、夫婦で話し合いました。話は老後の生活資金の話まで及び、私たちは愕然としました。仮に60歳で定年退職し賃貸で90歳まで暮らした場合、家賃が月々10万円ならば30年間の賃料総額は3,600万円です。年金暮らしの出費を少しでも抑えたいと考えたのはもちろんですが、賃料として巨額のお金を払って手元に何も残らないことにも少なからずショックを受けたのです。

当時主人は25歳。今からならちょうど60歳で35年の住宅ローンを完済できる。
二人で働いている若いうちに自宅を購入したほうがよいのでは?
主人も私も正社員で働いている今のうちに動くべきでは?
子供が生まれても同じように私が働き続けられるかもわからない・・・
などと思いめぐらせ、まずは自分たちでも買える物件があるのかどうかから相談に乗ってもらうつもりで不動産会社へ電話をしました。

不動産会社は、住宅購入についてはまだ何も知らない私たちの話を聞き、いくつかのパターンを示してくれました。
当時二人の年収は合算で700万円ほど。貯蓄はゼロではなかったものの、出産費用としてしばらくは手放したくありませんでした。

不動産会社によると、戸建てを今購入することもできるが、ひとまず安い中古マンションを買い、ある程度貯蓄ができたころにそれを売却して戸建てを購入するという方法もある、と。

しかし夫婦共に戸建てで育ったこともあり、マンションには少し抵抗がありました。というのも、マンションはオートロックシステムなどのセキュリティーがしっかりしている一方で、隣人との関わりが希薄という印象を当時は持っていました。何より自分たちの考えと合わないと感じたのは、毎月納める修繕積立金で行うであろう共用部の修繕を自分たちだけのタイミングでできないことでした。戸建てでも修繕費は発生しますが、家族の事情に合わせて修繕の規模やタイミングを決められます。

それならば、例えば出費のかさむ子供の入学の年はさけようなどいう判断もでき、私たちにはその方が合っていると考えました。
ということで、結局3,000万円台の戸建てをいくつか見てみることになりました。

新築戸建てを数件見たのち、当時住んでいた同じ駅の徒歩圏内に3,000万円台の3階建ての戸建をみつけました。多くを望まない私たち夫婦にとっては申し分のない物件でしたが、実は購入を一度諦めました。200万円位と不動産会社に言われた頭金をすぐには準備できなかったからです。

しかしその数日後、不動産会社から突然電話がかかってきました。頭金100万円だけ準備できれば購入できるようになった、もう一度購入を検討してみないかとのこと。そうこうしているうちに物件価格も100万円値下げされ、親からの資金援助も少し受け、私たちはついにその家を購入しました。

こうして新居を購入し、その一か月後に長女を出産しました。当時の家賃と同等額のローン返済で、より広い居住スペースを得られました。それ以上に、住宅ローンを組む際に団体信用生命保険に加入したことで、債務者の万が一の場合にはそれ以降のローン返済は免除され、残された家族はそのまま同じ家に住み続けられるということが、親になった私たちにとってはとても心強かったです。(後編へつづく。4/26に公開いたします)

2021/04/19

新築戸建

2021/04/19

補修するより売却?!

戸建て購入からあっという間に15年が経過し、長女は15歳、次女は13歳になりました。近隣はすっかり宅地化され、新しい駅まででき、街も予想以上に発展しました。

一方でそのころになると水回りや外壁の劣化が気になるようになり、調べてみると補修や改修に300万円位かかりそうです。はたして手直しをしてその家に住み続けるのがベストな選択なのかを考え始めました。

子供が成長し1階にあるリビングでは手狭、日当たりもよくない・・・
15年のうちに近隣の開発により地価は上昇、かつ金利はずいぶんと下がった、
思い通りの価格で自宅が売却できるなら、家計の負担を増やさずに買い替えできる?!
買い替えで新規に住宅ローンを組むということは、住宅ローン控除をまた利用できる?!

そんなことを考え、早速自宅の売却査定を依頼すると、希望の価格帯での査定結果が得られました。売りに出してみると幸いにも早々に買い手がみつかり、売ったお金で住宅ローンを完済してもまだいくらかを手元に残せました。

土地探しと注文住宅

さて、次は新しい住まいとなる土地探しです。駅徒歩圏の30坪を3,000万円以下で探してみたのですが、これが一筋縄にはいきません。しかし大手ハウスメーカーでの注文住宅の建築を予定していたので、土地に多くの予算をさくことはできませんでした。

そんな中、希望の条件に合う土地をかなり安い価格で見つけました。「不動産に掘り出し物はない」という言葉通り、その土地の安さにも理由がありました。「43条但し書き道路物件」と言われるもので、建築基準法上の道路に接道していない為、再建築は原則不可、但し「建築物に問題がないこと」と「接道義務を満たしていなくても安全であること」が建築審査会に認められれば再建築可能、という条件付きの土地だったのです。

言うまでもなく、こういった土地の購入は慎重に検討する必要があります。仮に再建築可能となっても、将来その土地を売却するときに苦労するでしょう。また、そのような売れにくい土地ですから、銀行が担保として認めてくれなければ融資がおりません。また、工事車両を土地に横付けできない場合は、建築資材を手運びしてもらうコストが発生します。

それらすべてを考慮にいれても、その土地は私たちにとって魅力的でした。よって、但し書きの許可が下りない場合と融資の審査が通らない場合は契約を破棄できるという特約をつけて、その土地の売買契約を結びました。

そこから実に約9か月かけて問題をひとつひとつクリアしていきました。売主、近隣住民、仲介会社、ハウスメーカー、銀行、市の建築審査課と実に多くの方々の協力を得て再建築の許可までこぎつけました。注文住宅が完成するまでさらに半年かけ、ついに人生で二つ目の自宅を手に入れました。高額な買い物ではありましたが、住宅ローン金利の低下にも助けられ、家計への負担をあまり増やすことなく住み替えを実現できました。

関連するコラム

50代の住みかえ実例をご紹介します

50代の住みかえ実例をご紹介します

50代のT様ご夫婦はお子様たちが大学生になり子育てもひと段落しました。そこで空き家の実家を建替えて住みかえようか、ご自宅をリフォームして住み続けようか、考えはじめました。さて、コンシェルジュにご相談いただいたT様ご夫婦は、どのように決断されたのでしょうか。
今回は、T様ご夫婦の決断に至る過程をご紹介させていただきます。

50代という年代は子供の独立や数年後に定年を迎えることに合わせ生活の変化が予想されます。
住みかえを検討している場合は、ライフスタイルが変わる数年後まで待った方が良いのでしょうか。
まずは何を重要視するのか、悩みや懸念点を書き出してみましょう。

・数年後には独立されるお子様たちのために、個室が必要なのか?
→夫婦二人の生活では、部屋数は少なくても、ゆったりとした空間のほうが良いのでは?

・定年を迎え、生活の仕方が変わってから考えた方が良いのか?
→住みかえには資金力、体力も必要なので現役世代の50代の今が良いのではないか?

・50代で住宅ローンやリフォームローンを組めるのか?
→老後の資金に影響はないのか?

このように住みかえの悩みを整理してみることが大切です。

住みかえの方向性を決めるため3案を想定し、資金計画と売却査定や建て替え・リフォームプランの資料をご提示しました。

① 実家を売却し、自宅をリフォームする
② 自宅を売却し、実家を建替える
③ 自宅・実家を売却し他のエリアに住みかえる

資金計画とプランが検討可能であるかなどを確認するための資料はコンシェルジュでお手伝いをいたしました。その資料を基に方向性が決まったら、住宅ローン、リフォームローン利用の場合は金融機関へ事前審査を依頼します。50代では定年までの時間が短く、事前に希望の金額で審査が通るかを打診することは重要です。

お子様の独立を待って60代で住み替えることも検討されましたが、住宅ローンを希望の金額で利用できなくなる可能性が高く、引っ越し等体力を使うことも考え50代の今、検討を進めることにされました。

プラン① ご自宅は15年前に購入され、リフォームではご夫婦のご希望が解決しないことがわかりました。
プラン③ 希望するエリアへの住みかえは予算上マンションに限定されてしまうため、戸建てに住みたいご夫婦の希望とは合いませんでした。

最終的には、お父様とお母様が長年住んでいた土地を手放したくない思いが強く、プラン②の実家を建て替えて住みかえることを選ばれました。

「実家と自宅の片づけ、自宅の売却、仮住まい、2回の引越し等かなりエネルギーを使いましたが、これからの家族の住まい方や夫婦の老後について考えることも出来ました。最新設備の家で子供たちと快適に暮らしています。」とおっしゃっていました。

T様の場合は、住み替えを検討し始めてから完成まで1年半以上経過していました。

住みかえのタイミングは各ご家庭違いがあって良いのではないでしょうか。
30代・40代のご家族の場合は、お子様中心に間取りやエリアを重視するでしょうし、60代・70代の方はお子様が独立しライフスタイルの変化に合わせ、趣味のための生活やバリアフリーを意識します。
住まいについての考え方は年齢やみなさまそれぞれのお考えにより変わってくるものです。

住みかえを検討したいけれど、何から始めたら良いかわからない、などございましたらお気軽にご相談ください。
コンシェルジュと一緒にベストな選択を考えていきましょう。

2020/03/27

注文住宅

2020/03/27


注文住宅にして良かったと思う点は、断熱性と気密性にこだわったハウスメーカーを選んだことで1年を通して寒暖差が少なく快適であること、衣類の収納を一か所にまとめたことで無駄な家事が減ったこと、子供部屋の壁紙をそれぞれの子供に選ばせたことで愛着のある部屋を大切に使うようになったこと等々、他にも数多くあります。

同じ人生はひとつもないように、同じ土地・建物もひとつもないと思います。それだけに
迷いや戸惑いも多くあるのではないでしょうか。そんな時は住まいと暮らしのコンシェルジュにお声掛けください。お客様それぞれの状況に応じ、最適と思われる専門の提携会社をご紹介します。

関連するイベント

これからの住まいを考える「個別」住みかえ相談会

これからの住まいを考える「個別」住みかえ相談会

こんなお考え、お悩みありませんか?

「戸建てに住んでいると、維持管理が大変…駅近のマンションに引越したいな…」

「今の家が高く売れそうだったら、そろそろ住みかえを考えたいな」

「息子・娘夫婦の住む家の近くに住みかえられたら、何かあったときも安心よね」

「老後資金も気になるし、どうするべき?」

経験豊かなコンシェルジュがみなさまのご相談におこたえします。
住まいを売却した場合の相場から、住みかえに関わる費用について、住みかえ先の物件の候補選び、スケジュールについてもトータルでコンシェルジュがアドバイス・サポートいたします。
じっくりと考えて行きたい方も、すぐに検討を進めたい方もこの機会に是非ご相談ください。
もちろん、建て替えやリフォーム等の選択肢も含め、ご相談いただけます。

■ ご予約制
■ 無 料

相談会

不動産売却 方針でお悩みの方

このコラムを編集した店舗このコラムを編集した店舗

たまプラーザ店

たまプラーザ店

たまプラーザ店

〒225-0002 
横浜市青葉区美しが丘2丁目17-5 ROOF125 1F

営業時間/10:00~19:00 
年中無休(年末年始を除く)