注文住宅 暮らし 方針でお悩みの方

|開催レポート|頭のよい子が育つ家を学ぶセミナー

|開催レポート|頭のよい子が育つ家を学ぶセミナー

セミナーにご参加いただきありがとうございました!

先日、「頭のよい子が育つ家を学ぶセミナー」を開催いたしました。
会場・Web(Zoom)併用にて、多くの方にご参加いただき、誠にありがとうござました。

当日の様子をレポートいたします!

冒頭「頭のよい子」とは、「これからの時代に必要な力とは何か?」の話からスタートしました。

講師主導の講義により、子どもが一方通行で知識を習得するスタイルから、
子ども自身が主導して学習計画をたて、学んでいくスタイルが今後は必要になってくる、とのお話がありました。

実際、入試問題では自分の住む地域の将来を考えるような問いが出題されたり、自分と世界とのつながりを問うような設問もあるそうです!
考える力、大切ですね。

また、家のレイアウトでは「火を見ること」が大切とのお話もありました。
どうしても子どもには危ないと遠ざけてしまいそうなキッチンのコンロも成長には大切なのだそうです。

他にも、家の中で家族お互いの気配が感じられる空間の重要性、具体的なプランのご提示もいただきました。

これからの「子どもに必要な力」を身に着ける家、ご参加いただいた皆さまの何かヒントになれば幸いです。
本セミナーでは、キッチン・リビングの配置のヒントなど住まいを設計する「注文住宅」をお考えの方に向けた内容が多くなりましたが、私ども住まいと暮らしのコンシェルジュでは他にも中古住宅の購入、リフォームのご相談なども承っております。ぜひこの機会に子どもと暮らす「住まい」を考えてみませんか。

 本セミナーは終了いたしました。アーカイブ配信、次回開催の予定はございませんのでご了承ください

頭のよい子が育つ家って?

これからの時代に大切な力をはぐくむ「頭のよい子が育つ家」、どんな家か興味ありませんか?

今回は、慶応義塾大学との共同研究により独自の家庭教育・学習環境論を展開し、
ベストセラー『頭のよい子が育つ家』の著者でもある、四十万氏を講師にお迎えして、
住まいと暮らしのコンシェルジュ主催で、「頭のよい子が育つ家」の特別講演会を開催します!

子どもの頭を良くするには、独立した子ども部屋と勉強机は必要ありません。
どんな家が子どもの頭をよくするのか、この機会にぜひご家族で学んでみてはいかがでしょうか?

こんなご家族にオススメです!
✓子ども部屋をどうしようか考えている
✓家族とのコミニュケーションを大事にしたい
✓毎日継続して勉強できる環境を知りたい!


同日2回開催でご来場のほか、ご自宅からWEBからも視聴いただけます。
ご都合のよろしい方法・お時間でご参加ください。

開催概要

|開催日時|開催終了しました
 2022年9月3日(土)
  第1回:13:00~14:30
  第2回:15:30~17:00

|開催方法|会場参加・Web参加(ライブ配信)
 ※会場参加は1組あたり2名様まで。先着順につき、定員に達した場合はお申込み受付終了となります。
 ※Web参加の方には前日にZoomの視聴URLをご案内いたします。

9/2 Webご参加の方へZoomのご招待メールを送信いたしました。
未着の方はお手数ですが、minamimachida.concierge@tkk.tokyu.co.jp までご連絡ください。
なお、ZoomのURLは【第1回、第2回共通】となります。
お申込み以外の開催回もご視聴いただけます。

なお、直前で申し訳ございませんが、第1回と第2回は多少内容に違いがある場合がございます。お時間に余裕のある方はぜひ両方ご視聴ください。
※後日のアーカイブ配信は予定しておりません。予めご了承ください。



|お子さまのご同伴について|
 未就学児のお子さまのご同伴はご遠慮ください。
 また、お子さまをお預かりするスペースのご用意はございませんので予めご了承ください。

|会  場|
 グランベリーホール
 東急田園都市線「南町田グランベリーパーク駅」直結・グランベリーパーク内。
 〒194-0004
  東京都町田市鶴間三丁目3-1 グランベリーパーク セントラルコートB1

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせはこちら
 住まいと暮らしのコンシェルジュ 南町田グランベリーパーク店(0120-109-979
  営業時間/10:00~19:00 ※年中無休(年末年始、施設休館日を除く)

講師紹介

四十万 靖 / ShiJima Yasushi
講師名
四十万 靖 / ShiJima Yasushi

四十万未来研究所 代表理事。
自身の 3 人の子育てを通じこどもの家庭教育学習環境を過去16年に渡って調査・研究。2006年日経PB社から『頭のよい子が育つ家』として上梓。ベストセラーとなり以降子育てファミリー層のテキストとなる。慶応義塾大学との共同研究により独自の家庭教育・学習環境論を開発。30 項目=100 点満点で 60 点以上となる環境を『頭のよい子が育つ家』として 2005 年以降全国にセミナー、モデルハウスの開発・運営等、2055年問題解決に取り組んでいる。

東京大学、慶應義塾大学、武蔵野美術大学、女子美術大学などで産学連携プロジェクト・共同研究を行う。
2014 年日本不動産学会から、こどもの教育・学習環境のユニークな実践理論と実績が評価され、田中啓一賞を受賞。