悩めるシニア世代のお客様へ

悩めるシニア世代のお客様へ

認知症でも楽しく明るく

昨年、高齢の母が突然認知症を発症し、我が家の生活スタイルが大きく変わりました。
その時にデイサービスを見学してまいりました。母のお部屋から送迎をして下さり、脳トレ、体操、ランチ、入浴もお願いする事が出来ます。
デイサービスは小規模でアットホームな所や、大きくて設備も充実した施設など様々ですので、本人にあった施設を選ぶ事が大事です。

要介護2判定を受けた母は、デイケアサービス(アットホームな所2回、大きな施設2回)を週4回、ヘルパーさんを週2で1時間ずつお願いする事にしました。
これまで、おおよそ認知症とは無縁と思っていた我が家は途方にくれましたが、ご近所の方のご厚意と介護サポートにより、発症後1年になりますが今ではこの生活スタイルを楽しんでいます。

専門知識がないとわかりにくい介護サポートは、まずは地域支援センターに相談される事をお勧めいたします。
地域で暮らす高齢者の皆さまを、様々な面から総合的に支える為、設けられた公共のサービスです。
いつまでも健やかに住みなれた地域で生活が出来るようサポートして下さいます。

【外部リンク】川崎市 地域包括センター

【外部リンク】横浜市 地域包括センター

【外部リンク】東京都 地域包括センター

豊かで楽しい暮らしとは(コンシェルジュのご相談者様のケース)

このように認知症など症状を発症してから住まいや生活スタイルを考える場合もありますが、ご自身で今後のスタイルを検討されたお客様のご相談事例を1つご紹介いたします。
奥様亡き後、広すぎる戸建てにお独りで暮らす為
段差や駅距離などから、駅近マンションへの住み替えをご希望でした。気になる物件をご覧になりながら
ご自宅をリフォームしてそのまま住み続ける事、住み替え、シニア施設のご見学と複数の方向からご検討を重ねられた結果、自宅を売却しシニア施設へ転居される事を選ばれました。

ご来店時は、再販価値の高い駅近マンションへのお住み替えのご希望でした。
コンシェルジュとご一緒に、複数の方向から具体的に検討を重ねた結果、お選びいただいたシニア施設への入居に大変ご満足いただけた様子です。
入所されている方々との交流が、今までにないご経験となり、毎日が楽しいとお話しをお聞きしました。
シニア施設を内覧され、施設への『漠然とした先入観』が払拭された事も決断の理由と伺いました。
同時に当初のご要望であった駅近のマンションも内覧されて比較した為、総合的に考える事が出来たと感謝のお言葉を頂きました。

シニア施設へのご入居が合っている方もいらっしゃいますし、あるいは我が家の母のように一人で暮らす事が、認知症の進行を遅らせるエネルギーになる方もいます。
今までの生活そのままで暮らす場合は、出来るだけ包括的にサポートが出来るよう安否確認センサーや緊急ボタンなどのセキュリティシステム導入もご検討下さい。
定年後の生活のご相談はたくさんございますが、今までの暮らしを今後どのようにしようかといった所はお元気なうちに検討した方が良いことですが、なかなか決断もしにくい事です。
そんな時こそコンシェルジュにご相談ください。
個別具体的なご希望にお応えできるシニア住宅のご案内、お独りでの暮らしをサポートするホームセキュリティなど暮らしの様々なサービスのご紹介も行っております。

シニア世代の様々なお悩みをお伺いし、豊かに楽しく暮らす為、どのようにしたらよいか一緒に考えます。
何となく気にかかった時は、どうかお気軽にご来店下さい。

人生100年時代、これからをどう生きる? コンシェルジュの終活セミナーのご案内

このコラムを編集した店舗このコラムを編集した店舗

鷺沼駅前店

鷺沼駅前店

鷺沼駅前店

〒216-0004 
川崎市宮前区鷺沼3丁目-1-2

営業時間/10:00~19:00 
年中無休(年末年始を除く)