間取りのヒント

間取りのヒント

畳数より大切なのは

注文住宅やリフォームの間取りのお打合せで、お客様がよく気にされるのがお部屋の畳数です。
「ここは何畳ですか?」「5畳?狭いな、6畳はないと」というお話が出ます。
畳数というのは、お部屋の広さをイメージするのに分かりやすい基準ですが、洋室の場合はあまりこだわりすぎない方が良いかもしれません。

子ども部屋であれば、ベッドのサイズ、机や本棚を置ければ、5畳でも6畳でも広さの印象はそこまで変わらないと思います。
大事なのは必要な家具を置いて、動線を確保できるかです。
間取りを見る時は、畳数だけではなく、家具のサイズと配置を考えながら、広さの確認をしてみてください。

仕事柄、色々な会社の設計の図面を目にしますが、きちんと家具を図面に書いてくれている会社も多いです。
その際は、ご自身が持っている家具のサイズや、置きたい家具のサイズにあっているか、確認してみましょう。

壁も大事

リビング・ダイニングも同様に、畳数にこだわりすぎず、家具の配置と動線をヒントに考えるのがお勧めです。
また、部屋を広くしたい、窓を大きく取りたい、という要望が先行してしまい、壁が少なくなり家具を置くスペースがないなどのケースも多いので注意が必要です。

最近では、ソファを置かずにダイニングテーブルのイスをゆったりとしたものにして、そこでくつろぐスタイルも多くなっていますが、ソファを置く場合はどれくらいのサイズのものを置くのか、壁付にするのか、しないかも意外と重要なポイントです。
また、ソファとTVの距離も確認してみましょう。TVのサイズによっても最適な距離がありますので、確認してみてください。
畳数は広いのに、TVとの距離がとても近かった、という残念な間取りもありますので、ご注意ください。

生活に必要な家具は本当に人ぞれぞれです。建物が出来上がってから、「困った!」とならないために、ご自身に必要なものをあらかじめ伝えた上で間取りを考えてもらいましょう。

目黒店

このコラムを編集した店舗このコラムを編集した店舗

目黒店

〒141-0021 
品川区上大崎3丁目1-1 JR東急目黒ビル B2F

営業時間/10:00~19:00 
年中無休(年末年始を除く)