お住まいの換気設備、お手入れしていますか?

お住まいの換気設備、お手入れしていますか?

建物の換気システムは、第一種、第二種、第三種の3種類に分類されますが、住宅にある換気システムは、「第三種換気」(排気は機械で行い、給気は給気口から自然に入る)が多いと思います。本コラムは、この第三種換気の給排気口に注目します。

住宅において換気扇が設けられる場所は、キッチン、トイレ、洗面脱衣室、浴室等です。建物の高断熱高気密化により、2003年以降は24時間換気扇も設置されるようになりました。換気に必要な空気量を保つための給気口と排気口も計画されますが、皆さんは給排気口のお手入れを定期的にされていますか?キッチンはお料理する時に気になるからたまに掃除するけれど、それ以外はあんまり・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

給気口と排気口

給気口は屋外から入る空気の入り口でとても汚れやすい部分です。皆さん、通常は人が出入りする玄関や勝手口をこまめに掃除されると思いますが、給気口はいかがでしょうか。まず給気口がどこにあるかご存じでしょうか?サッシとセットになっている場合もありますし、外壁に開口部が設けられている場合もあります。

屋外から流入する空気により、室内外の給気口周辺やダクトは粉塵等で汚れます。室内の空気にもクロスの汚れにも影響しますから、定期的にお手入れすることをおすすめします。(当然ですが、汚れ具合と適切なお手入れの頻度は環境によって違います。)こまめに実施すれば短時間の作業ですみ、汚れが気になるというストレスからも無縁で過ごせます。給気口にフィルターがセットされている場合は、フィルターの掃除や交換も必要ですね。ご自身とご家族の健康のためにもこまめにお手入れをしましょう。

排気口は室内の空気が屋外へ排出される出口です。室内の排気口周辺は給気口ほど汚れませんが、細かい埃が付着するため、やはりお手入れは必要です。日常の床掃除の際に掃除機で吸い取ると負担感が無いと思います。私はちょこちょこ掃除機をかけるほか、2~3か月毎に取り外して水洗いをしています。

場所の問題

給排気口のお手入れを億劫に感じている方は少なくないと思います。理由として、脱着が面倒なことや、脚立を使用しないと手が届かない場所にあることが考えられます。給排気口は室内の見えにくい場所、例えば壁の高い位置や天井面に計画されることが珍しくありません。生活の中でなるべく視野に入らないようにという配慮かもしれませんが、特に高齢者の世帯では脚立の使用は危険ですし、脱着が上手くできない場合もあります。ご自身で手入れすることが難しければ、ハウスクリーニング業者等に依頼しましょう。お子さんやお孫さんが帰省する機会にお手入れを手伝うと両親や祖父母に喜んでもらえると思います。

これから注文住宅を計画される方は、給排気口を手の届きやすい場所に計画することを設計者にリクエストしたり、脱着も含めたお手入れ方法を事前に確認しておくと良いと思います。

|コラム|家の建替え

|コラム|夏も大切“断熱効果”

初心者のための「個別」購入はじめて相談会

このコラムを編集した店舗このコラムを編集した店舗

武蔵小杉東急スクエア店

武蔵小杉東急スクエア店

武蔵小杉東急スクエア店

〒211-0063 
川崎市中原区小杉町3丁目472 武蔵小杉東急スクエア1F

営業時間/10:00~19:00 
年中無休(年末年始を除く)