50代で家を買う

50代で家を買う

家を買うなら若いうち!定年までに住宅ローンを完済することが理想!とされていましたが、昨今、長寿社会になり、50代で家を購入することも十分考えられるようになりました。
コンシェルジュにも50代のお客様から家の購入や買い替えをしたいとご相談をお受けすることが増えてきたように思います。

50代で家を買うメリットを考えてみましょう

・50代で新築の家を買った場合、自身の寿命まで住める可能性が高く、建て替えなどの大きな支出を回避できる。
・お子様たちの教育費支出が終わっているなど、今後のライフスタイルが見通せる状況で、ローンを組んでも生活に大きな変化が起こる可能性が低い。
・年金額なども具体的に把握でき、住宅に投入できる資金の計画を立てやすい。
・老後を想定したバリアフリーなど終の棲家としての購入を考えることができる。
・子育て時期とは違い、家族の成長に合わせて生活を変化させる必要はないので、自分たちの好きなこと、使い勝手だけで設計することができる。
・リタイア後は通勤が無くなるので、バス利用エリアでも近くにスーパーや医療機関があればさほど不便に感じないと思われ、駅前立地よりコストが安い物件を選択できる。
・子供たちが巣立った後を想定すると、夫婦2人でのコンパクトな住居で良いため、コストが抑えられる。
・コンパクトな家だと光熱費が抑えられる。

デメリットは?

・健康リスクが増えてくる年齢なので住宅ローンが組めない場合がある。
・長期の住宅ローンを組むことが難しい。
・多額の住宅ローンを組むことが難しい。

いかがでしょうか。50代で家を買うことはそんなに悪くはなさそうです。
老後のためのお金のことをきちんと考えておけば50代での家の購入はかえって良いかもしれません。
また、住宅ローンを借りたいと考えると最後のチャンスかもしれません。

50代で家を買う場合の注意点は?

・老後のためのお金をきちんと残しておくこと。
・退職金を住宅資金に投入するときでも、老後の資金を残しておくこと。
・転職をしたり、会社の退職金規定が変わってしまったりすると大きく計画が狂うので、ある程度の預貯金を準備しておくこと。
このように、事前に準備ができていれば50代での購入は怖くありません。

関連するコラム

50代の住みかえ実例をご紹介します

50代の住みかえ実例をご紹介します

50代のT様ご夫婦はお子様たちが大学生になり子育てもひと段落しました。そこで空き家の実家を建替えて住みかえようか、ご自宅をリフォームして住み続けようか、考えはじめました。さて、コンシェルジュにご相談いただいたT様ご夫婦は、どのように決断されたのでしょうか。
今回は、T様ご夫婦の決断に至る過程をご紹介させていただきます。

50代という年代は子供の独立や数年後に定年を迎えることに合わせ生活の変化が予想されます。
住みかえを検討している場合は、ライフスタイルが変わる数年後まで待った方が良いのでしょうか。
まずは何を重要視するのか、悩みや懸念点を書き出してみましょう。

・数年後には独立されるお子様たちのために、個室が必要なのか?
→夫婦二人の生活では、部屋数は少なくても、ゆったりとした空間のほうが良いのでは?

・定年を迎え、生活の仕方が変わってから考えた方が良いのか?
→住みかえには資金力、体力も必要なので現役世代の50代の今が良いのではないか?

・50代で住宅ローンやリフォームローンを組めるのか?
→老後の資金に影響はないのか?

このように住みかえの悩みを整理してみることが大切です。

住みかえの方向性を決めるため3案を想定し、資金計画と売却査定や建て替え・リフォームプランの資料をご提示しました。

① 実家を売却し、自宅をリフォームする
② 自宅を売却し、実家を建替える
③ 自宅・実家を売却し他のエリアに住みかえる

資金計画とプランが検討可能であるかなどを確認するための資料はコンシェルジュでお手伝いをいたしました。その資料を基に方向性が決まったら、住宅ローン、リフォームローン利用の場合は金融機関へ事前審査を依頼します。50代では定年までの時間が短く、事前に希望の金額で審査が通るかを打診することは重要です。

お子様の独立を待って60代で住み替えることも検討されましたが、住宅ローンを希望の金額で利用できなくなる可能性が高く、引っ越し等体力を使うことも考え50代の今、検討を進めることにされました。

プラン① ご自宅は15年前に購入され、リフォームではご夫婦のご希望が解決しないことがわかりました。
プラン③ 希望するエリアへの住みかえは予算上マンションに限定されてしまうため、戸建てに住みたいご夫婦の希望とは合いませんでした。

最終的には、お父様とお母様が長年住んでいた土地を手放したくない思いが強く、プラン②の実家を建て替えて住みかえることを選ばれました。

「実家と自宅の片づけ、自宅の売却、仮住まい、2回の引越し等かなりエネルギーを使いましたが、これからの家族の住まい方や夫婦の老後について考えることも出来ました。最新設備の家で子供たちと快適に暮らしています。」とおっしゃっていました。

T様の場合は、住み替えを検討し始めてから完成まで1年半以上経過していました。

住みかえのタイミングは各ご家庭違いがあって良いのではないでしょうか。
30代・40代のご家族の場合は、お子様中心に間取りやエリアを重視するでしょうし、60代・70代の方はお子様が独立しライフスタイルの変化に合わせ、趣味のための生活やバリアフリーを意識します。
住まいについての考え方は年齢やみなさまそれぞれのお考えにより変わってくるものです。

住みかえを検討したいけれど、何から始めたら良いかわからない、などございましたらお気軽にご相談ください。
コンシェルジュと一緒にベストな選択を考えていきましょう。

2020/03/27

注文住宅

2020/03/27

また、50代のお客様から、住まいの買い替えか、リフォームかでお悩みのご相談を受けることもあります。
子供たちが巣立ち、大きな家に夫婦2人となったが、築年数も古くなりリフォームか買い替えどちらが良いのでしょうかというご相談です。

先ずは、買い替えの場合、複数社に売却の査定価格を出してもらい、諸費用や税金を支払った後の手残り金見込みを算出します。そのうえでどんな物件が買えるのかといった検討をします。
また、リフォームの場合どこまでの改修を検討するのか、予算はいくらまでかけるのかといった要望をもとに、現地を拝見させていただき、納得のいく提案が得られるかということになります。

コンシェルジュでは、買い替えとリフォームを同時に比較検討していただくことができます。
ご家庭ごとの状況に合わせ、最善の選択をするためのお手伝いができますので、お気軽にご相談ください。

関連するイベント

田園都市線(溝の口・鷺沼・たまプラーザエリア)に住む!戸建て購入・注文住宅講座

田園都市線(溝の口・鷺沼・たまプラーザエリア)に住む!戸建て…

人気の田園都市線でマイホームを購入するには?

「相場や予算はどのくらいで考えれば良いの?」
「現在販売に出ている物件はどういう物件があるか知りたい!」
「駅から徒歩10分以内の物件限定で探したいけど、15分まで広げた方が良いエリアですか?」
「田園都市線の住環境ってどうですか?」

など、田園都市線のエリアや駅の情報はもちろん、コンシェルジュが日頃キャッチしているエリアの情報を元に戸建て購入・注文住宅のご相談を承ります。


「まだ田園都市線に絞り切れていない」
「他の路線やエリアも気になっている」
「マンションも並行して検討したい」
…といったご要望でも構いません。


「予算の決め方はどうすればいい?」
「引越しまでのスケジュールはどう考えればいい?」

…など、検討スタートした段階の方から、具体的な物件をお探しの方まで個別相談会ですので、それぞれのご要望にあわせてコンシェルジュがアドバイスをいたします。


|開催日程|
随時開催しております。
下記リンクよりご希望日程をお選びください。

|費 用|
無料です。お気軽にご相談ください。

|対象エリア|
田園都市線(溝の口・鷺沼・たまプラーザエリア)を中心にご検討の方

-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------

その他の沿線別相談会はこちらからどうぞ

-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------

セミナー

中古戸建 土地 新築戸建 注文住宅

このコラムを編集した店舗このコラムを編集した店舗

蒲田店

蒲田店

蒲田店

〒144-0051 
大田区西蒲田7丁目69-1 池上線・東急多摩川線 券売機横

営業時間/10:00~19:00 
年中無休(年末年始を除く)