ご存知ですか?窓の重要性!

ご存知ですか?窓の重要性!

意外に知られていない窓の性能

お家を建て替えたり、リフォームしたりする時に「今まで寒かったり、暑かったりしたから断熱はしっかりしたい。」と考える方はたくさんいらっしゃいますが、窓の性能についてまで検討される方は意外と少ないようです。
お家の断熱性能を上げようとしたとき壁の断熱を考えがちですが、実は一般的な窓は壁の1/10くらいの断熱性能しか無く、まずは窓の断熱性能を上げると効果的です。

サッシ会社の方にすすめられて『体感ショールーム』に行ったときのことです。
室内に何種類かのサッシが取り付けられてあり、その外側がマイナスの気温設定になっているのですが、それぞれのサッシの前に立ったときの体感温度がはっきり判るほど違うのです。

一昔前の「アルミフレーム+一枚ガラス」だとヒヤッとして、床のフローリングまで冷たいのです。そこから「アルミと樹脂のフレーム+二枚ガラス」「アルゴンガス入りガラス」「オール樹脂フレームサッシ」「Low-E(低放射)複層ガラス」…と性能が上がる順に、外気温の影響は少なくなりサッシの前に立っても寒くない。
体感してみないとその違いは判りにくいと思いますが、サッシが代わるとこれだけ室内の暖かさが変わるのであれば、生活にも大きな違いが出るのだなぁと思いました。

窓と省エネ

Low-Eガラスという遮熱性能もしくは断熱性能の備わっているガラスがあります。
夏の西からの強い日差しを遮るためには遮熱ガラス、冬の温かな日差しを取り込むためには断熱ガラスがおすすめだそうです。
温暖化に伴い、外気の影響を受けやすい家と、Low-Eガラスを使用している省エネ住宅では夏のエアコンの設定温度もだいぶ違ってきますから、電気代ももちろん違ってきますね。
窓を見直して、省エネで快適な暮らしを検討されてみてはいかがでしょうか。
是非ショールームで体感してみてください。

古内(FURUUCHI)

このコラムの編集者このコラムの編集者

古内(FURUUCHI)

目黒店

二級建築士
2級ファイナンシャル・プランニング技能士