キッチンの設備は何を選んだらいいの?

キッチンの設備は何を選んだらいいの?

皆様からお聞きした、選んで良かった設備とは

最近はいろいろな設備があって、迷う方も多いと思います。
おすすめのキッチン設備をご紹介します。

●IHクッキングヒーター:とにかくお掃除が簡単です。表面を拭いて終わりなので常にきれいな状態をキープできるところが気に入られています。炎が出ないので、ご年配の方にも安心です。

●食器洗い乾燥機:使った食器を入れて洗浄、乾燥後はそのまま食器棚にもなりますよね。手荒れも気にせずポンと放り込むだけなので、家事の負担が減ります。

●魚焼きグリルプレート:魚を焼いた後プレートを洗うだけで、網の掃除がないのでお手入れが楽です。グリル料理もできレパートリーが広がります。

●ダストスペース付カップボード:キッチン収納を考えるとき、意外と忘れがちなのがゴミ箱置き場ではないでしょうか。最初からここと決まっているので、キッチンが広く使え、使用時に足元に持ってくることができるので、ゴミ捨てが簡単になります。

●ステンレスキャビネット:キッチン収納の中がステンレスですと、液体の漏れやにおい、汚れもつきにくく清潔に使えます。

●つなぎ目がめだたないシンク:シンクとカウンターのつなぎ目がないので、掃除が簡単になります。見た目もきれいですね。

●ディスポーザー:生ごみが簡単に処理できます。夏の暑い時期でも生ごみを処理できるので臭いません。

●キッチンパネル:汚れが取りやすいのでお掃除が楽です。

●タッチレス水栓:手が汚れていても蛇口を触らなくて良いのでとても清潔です。

●引き出し式収納:奥まで使え、出し入れしやすく、収納量の多さが魅力です。

●お掃除いらずレンジフード:換気扇のお掃除ほど大変なものはありませんよね。掃除をしなくて良いのは本当に助かります。

デメリットは?

やはり、メリットがあれば、デメリットがあります。
ディスポーザーを一戸建てで取り付けようと思うと、とても高額で、敷地内にスペースも必要です。
また、バナナの皮など繊維質の多いものや卵の殻など硬いものは投入できないなどのデメリットもあります。

食器洗い乾燥機は家族の人数が多い場合、日本の製品では小さすぎて入りきらないかもしれません。取り付けたものの結局使わなかった、という方もいます。

このようにメリット、デメリットがあり、お好みもあると思います。
購入をお考えの際は、ショールームで実物を確認し、機会があれば実演に参加するなどして検討されたらよいかもしれませんね。

二子玉川ライズS.C.店

このコラムを編集した店舗このコラムを編集した店舗

二子玉川ライズS.C.店

〒158-0094 
世田谷区玉川2丁目22-12 二子玉川ライズ S.C. ステーションマーケット1F

営業時間/10:00~19:00 
火曜定休・年末年始休業