住宅展示場を見学するときのポイントは?

住宅展示場を見学するときのポイントは?

「土地を購入してマイホームを建てたい」
「建物が古くなったから建替えたい」
「リフォームして間取りを変えたい」
などなど、住宅展示場でモデルハウスをご見学される目的も様々ですね。

目的に応じて、展示場を見学するポイントは異なると思いますが、百聞は一見に如かず、カタログを読むのも勉強になりますが、ぜひ実際に足を運んでみましょう。

住宅展示場では何を聞く?

さて、展示場を回る際のポイントも色々ありますが、
私がお奨めする「住宅展示場では何を聞く?」ですが、ずばり、そのモデルハウスの「設計士の想い(工夫や仕掛け)」を知ることです。
もちろん、その会社の構造や仕様がどうなっているか、他社との違い、強みや特徴・・・といった、基本的に抑えておきたい内容はありますが、新築する方・リフォームする方が住まい方やプランを検討するうえで共通して役にたつものと思います。

工夫や仕掛けが盛り沢山

私たちコンシェルジュも、住宅展示場やモデルハウスが新しくできると、勉強会として見学する機会があります。
そこで設計士の方からモデルハウスの特徴などお話を聞くのですが、中でも興味深いのが、設計上の工夫やこだわりです。
先日も、とあるハウスメーカーのモデルハウスにお邪魔してきました。
・プライバシーと共有を両立した子供部屋
・共働き夫婦の利便性を追求した水回り
・可変性がありライフスタイルの変化に応える空間
・オーガニック野菜を育てられる屋上菜園
などなど、限られた空間をいかに活かすかといった工夫や仕掛けをたくさん教えていただきました。

モデルハウスは「オプションが多いし高い家具が入っていて参考にならない、実際にはこうはならない」という見方をする方も多いですが、一方で、お金をかけなくてもできるちょっとした「工夫」や「仕掛け」が散りばめられていることがよくわかります。

これからの新しいお住まいやリフォームの際に、是非ちょっとした工夫を取り入れてみてください。
また、住宅展示場に出展しているハウスメーカーもたくさんあり、どの会社を見たら良いのか迷ってしまいますよね。

住宅展示場に行く前にはコンシェルジュにぜひご相談ください。
ご希望にあったおすすめのハウスメーカーをご紹介します。

店長 白石(SHIRAISHI)

このコラムの編集者このコラムの編集者

店長 白石(SHIRAISHI)

目黒店

宅地建物取引士