【ご相談事例②】実家を相続することになりそうなのですが、どんな選択肢がありますか?

【ご相談事例②】実家を相続することになりそうなのですが、どんな選択肢がありますか?

コンシェルジュってどんな相談ができるお店なのですか?

そんなご質問にお応えして、私たちが日々お伺いしているご相談の一例をご紹介します。
※個人情報の観点から一部内容をアレンジしております


【ご相談内容】
実家を相続することになりそうですが、私の家族の場合、どんな選択肢が考えられますか?
最近は、空き家問題も気になっています…

コンシェルジュからのご提案

何となく気になっている実家の事、コンシェルジュでもよくご相談を承ります。

このような場合、お仕事の勤務地や、お子様の学校の所在地などにより、「将来実家に住む可能性があるかどうか」で、進め方が大分変わってきます。まずはこのポイントを考えていきましょう。ご自身だけではなく、親族の方々の中に住む可能性があるかも確認しておきたいですね。もし、どなたも住む予定がないのであれば、売却や賃貸が考えられます。

それに、家そのものの状態によっても、方向性は変わります。まずは築年数や、メンテナンス履歴などを確認しましょう。実家を相続してから、そのまま長く住めそうなのか、あるいは住み始めるまでリフォームやメンテナンスの費用がある程度かかってくるのか、それによってもご結論は変わってくることでしょう。

コンシェルジュでは、まずは現在の状況をお伺いして、どう検討したらよいか、様々な事例もご紹介しながら方針立てのサポートをさせていただいております。

ご実家のお話は、すぐに方向性を決められない場合も多いですし、時間の経過によって、関係者の皆様の事情が変わることもあります。ケースによっては、最初のご相談から数年の検討期間を経てお話を進めていかれる方もいらっしゃいます。将来のご計画でもかまいません。コンシェルジュと一緒に一度検討してみてはいかがでしょうか。

例えば、売却する場合、賃貸に出す場合、あるいは空き家のままでしばらく維持する場合の費用の試算など、提携パートナー会社から資料を取り寄せて、ご提示いたします。
提携パートナー各社からの報告をふまえて、それぞれの選択肢のなかから一番良い方向を考えてみませんか。

私たちコンシェルジュは、「東京都の空き家ワンストップ相談窓口」です。

東急株式会社 住まいと暮らしのコンシェルジュは、東京都が実施する「令和2年度 東京都空き家利活用等普及啓発・相談事業」の事業者に選定されました。(平成31年度に引き続きの選定となります。)

東京都内の空き家対策については一定条件を満たすと補助金を受けられる場合がございます。

もちろん、東京都以外の空き家のことでもご相談ください。
実家のことが気になり始めた時、お気軽にコンシェルジュにお声がけください。

コンシェルジュの空き家相談

|コラム|地方にいる親・実家のことで悩んでいませんか

|コラム|実家のこれから~気がかりはありませんか~

|コラム|どこにどう相談すれば良いか困ったときに

このコラムを編集した店舗このコラムを編集した店舗

たまプラーザ店

たまプラーザ店

たまプラーザ店

〒225-0002 
横浜市青葉区美しが丘2丁目17-5 ROOF125 1F

営業時間/10:00~19:00 
年中無休(年末年始を除く)