境界立会いをお願いされたら、どうすればいい?

境界立会いをお願いされたら、どうすればいい?

お客様からのご相談事例をご紹介します

お客様からこんなご相談をいただきました。

長い間、親しくお付き合いさせていただいたお隣さんが、新居にお引越しされて行かれました。
お隣さんの家は不動産会社に売却したようで、いずれ古い家は解体され、新しいものが建つというお話です。
変わっていくさびしさを感じながらも、次はどんな家が建つのかなと気になっていたところに…

ある日突然、「隣の所有者より土地境界確定測量の依頼を受けた」という土地家屋調査士事務所から
「土地境界確定測量についてのご挨拶とお願い」という手紙が届きました。
手紙の内容は、「隣地所有者が土地を売却するに際し、土地の調査、測量をしたい。隣接する土地の所有者同士で境界を確認してほしいため、〇月〇日〇時、現地において立会いをお願いしたい」という主旨のようです。また手紙には、ご担当者の連絡先や代理の人が立会いする場合には、同封の委任状に記名押印して当日ご持参くださいという内容も書かれていました。

日々の暮らしでまったく聞きなれない言葉である「境界立会い」とは…
手紙を受け取ったお客様は、少し戸惑いを感じたそうです。

境界立会いとは?

今回は、境界立会いの重要性について少し触れてみたいと思います。
境界立会とは、隣接する土地所有者同士が境界を確認するためのもので、境界確定測量を行う際に必要な過程です。そして境界確定測量とは、隣地所有者の立会い及び確認や官公署の図面をもとに、土地の境界全てを確定させる測量のことです。

境界立会をお願いするケースには、大きく分けて4つあります。
① 土地を売買するために正確な面積を確定する必要があるとき
② 土地を分割するために分割登記を申請するとき
③ 垣根や塀を越境しないよう境界を明確にする必要があるとき
④ 境界標がはっきりしていないとき

今回は「①土地を売買するために正確な面積を確定する必要があるとき」のケースにあたります。
今は売買契約成立条件として、土地面積の確定や境界の確認を求められることが多く、買主としては当然に境界確定測量図があるほうが望ましいと考えます。
そのため、売主からすれば境界立会いは非常に重要なものになります。

トラブルの未然防止

境界立会いの依頼を受ける側からすれば、自分にはあまり関係ないと思ってしまう方もいるかもしれませんが、これは自分の大切な土地とお隣さんの土地との境界を決める大切な作業です。
隣地所有者同士がしっかりと確認し合い、正確な測量をして境界を確定させることでお互いの利益にもなり、将来の境界トラブルの予防策にもつながります。

もしかしていつかは自分が依頼する側になるときがあるかもしれません。境界の確認はお互い様の行為でも
あります。聞きなれない言葉が多く、戸惑われる方もいらっしゃると思いますが、ここは気持ちよく境界立会いにご協力されることおすすめします。

また、境界立会いの際、土地家屋調査士からの説明で理解できない内容や明示された境界に納得できない
場合などがあれば、直ぐにその旨を当該土地家屋調査士へ相談・確認するようにしましょう。

また、ご自身が売却や建て替えを検討しようとていて、隣地との境界にご不安がある方もいらっしゃると思います。そのような場合は、売却や建て替えと並行してどう検討をすすめていくのがおすすめか、コンシェルジュが状況を伺いアドバイスいたします。提携する不動産会社やハウスメーカーも併せてご紹介しますので、まずはコンシェルジュにご相談ください。

|コラム|土地を購入し注文住宅を建てるポイントは?

|コラム|住宅展示場に行く前に

このコラムを編集した店舗このコラムを編集した店舗

二子玉川ライズS.C.店

二子玉川ライズS.C.店

二子玉川ライズS.C.店

〒158-0094 
世田谷区玉川2丁目22-12 二子玉川ライズ S.C. ステーションマーケット1F

営業時間/10:00~19:00 
火曜定休・年末年始休業