私にはどんなキッチンが合う?

私にはどんなキッチンが合う?

家でのキッチンの役割

一昔前は、家の中の換気設備が少なく、キッチンは家や部屋の北側に配置し隠す間取りが主流でした。
現在、リモートワークも増え自宅で家族と過ごす時間を大切にする方が多くなりました。
それに伴い、家族みんなでキッチンを囲み料理を作るご家庭も増えています。

家でのキッチンの役割は、住まいに対する考え方や意識の変化により変わってきています。どの様に暮らしていきたいかを考えると、自分に合ったキッチンが見つかるのではないでしょうか。

関連するコラム

共働き世帯、子育て世代に使いやすいキッチンって?

共働き世帯、子育て世代に使いやすいキッチンって?

年々、共働き世帯は増加していて、子育てをしながら共働き、というご家庭も増えています。夫婦の家事分担をどうするのか…、とよく話題になりますが、人ではなく、洗濯乾燥機、食器洗い乾燥機、ロボット掃除機などの時短家電に助けられ、何とか乗り気っているご家庭も多いと思います。

さまざまな家事がありますが、日々生活を送る上で一番大変なことは料理、特に夕飯作りではないでしょうか。

保育園や学童にお迎えにいって、帰宅してからご飯の準備、その間も子どもの宿題を見なくてはなりませんし、そこにお腹を空かせた子どもたち…、どう工夫しても時間がありません。
余裕があるときに作り置き!時短レシピ!など世の中にアイデアはたくさんありますが、どちらにしろ手を動かさなくてはご飯は作れません。

では、共働き世帯、子育て世代にとっては、どんなキッチンが使いやすいのでしょうか。
キッチンにはI型、L型、コの字型、アイランド、対面カウンター、クローズ型、などいろいろな種類があります。
子どもを見守りながら作業のできる、カウンタータイプがおすすめ!というのはよく耳にしますが、今回はちょっと視点を変えて考えてみましょう。

洗濯や掃除などの時短家電は広く普及していると思いますが、最近は料理にも時短家電が出てきています。でも、せっかく便利家電を購入しても、しまい込んだままで結局活用できなかった経験はありませんか?
いつも使う、炊飯器、電子レンジ、トースター、コーヒーメーカー、電気ポットなどに加えて、フードプロセッサー、ハンドブレンダー、スチームオーブンレンジ、ホットプレート、卓上コンロなどなど、キッチンには様々な家電がありますね。
新しいものでは、電気圧力鍋、真空保温調理器など、自動調理ができる鍋も登場してきました。
そういった便利家電を活かすには、すぐに取り出せて、すぐに使えるスペースがあることが何より大切になってきます。

便利家電にはスチームオーブンレンジなど大きいサイズ物のも多く、一般的なキッチンの家電収納では収まりきらない可能性もあります。
通常、キッチン収納は奥行きが45cmの物が多いのですが、ワンサイズ大きい、キッチンと同じ奥行き65cmのカウンタータイプにする、というのも一つのアイデアです。20cm奥行きが深くなることで、カウンターの奥に家電を並べて、手前を作業するスペースにするということが可能になります。あるいはキッチンをL型にして、カウンタースペースを長くとれるようにする、というのも良いかもしれません。
このように、キッチンの使い勝手を良くすることで、忙しい毎日を乗り切っていきましょう!

日々の家事に困ったら、ぜひコンシェルジュまでご相談ください。
ご家庭ごとに、使い勝手の良いキッチンタイプは異なります。生活スタイルに合わせて、様々な目線からアドバイスさせていただきます。
提携しているハウスメーカーやリフォーム会社は、いろいろなノウハウを持っています。
それぞれの生活スタイルに合わせて、ご納得がいく解決策をコンシェルジュと一緒に考えていきましょう。

2020/07/17

注文住宅

2020/07/17

キッチン空間の考え方

キッチンの間取りには、大きく分けると独立型とオープン型があり、どちらもメリット、デメリットがります。

【独立型】
キッチンが独立し、作るエリア・食べてくつろぐエリアと分かれています。
下記のオープン型と対比して、クローズ型と呼ばれることもあります。
■じっくり一人で料理を作ることができます。
■フライパンや食器などごちゃごちゃしたものも隠せます。
■家族の様子を見ながらの作業は出来ません。

【オープン型】
LDK一体など、作るエリア・食べてくつろぐエリアが同じ空間です。
■オープン型は家族との時間を共有しながら料理を作ることができます。
■使ったフライパンや食器など汚れものが見えます。
■換気扇の音やコンロの油はね、においが気になります。

現在、新築のマンションや戸建てのキッチンの間取りは対面式が主流になり、吊戸棚をなくしたオープンなLDK一体空間の間取りが増えています。キッチンが家の中心になっている間取りも多く見かけます。

ここまでのお話で、キッチンの間取りは独立型かオープン型か、どちらがご自分に合っていると思われましたか?

キッチンの種類

ご自分に合ったキッチンが独立型かオープン型かまだまだ決められない!という場合には、
キッチンの種類から自分に合っているか検討する事も出来ます。

【 I型 】
壁付けに設置するとダイニングを広く使えます。対面に設置も可能です。
価格を抑えることができ、配置によってはダイニングを広く取ることができます。

<I型キッチン 対面式配置>

<I型キッチン 壁付け配置>

 
【 L型 】
調理スペースを広く取ることができます。効率的に作業ができます。
壁付けと対面に設置することできます。

 
【ペニンシュラ型】
コンロ側の片面を壁に設置しオープンなキッチンに出来ます。解放感があり、対面でそれぞれ作業ができます。吊り戸棚がなくオープンな空間になりますが、価格は高めです。

 
【アイランド型】
両端から出入りができるため、2人以上での作業ができます。家具の一部としても考えることができるためデザイン性が高いものが多いようです。広いスペースが必要になります。価格は高めです。

 
【セパレート型】
流しの背面にコンロが設置されています。キッチンの幅を抑えることはできます。
カウンターを行き来する作業が増えるため、水だれが発生し床が汚れやすくなります。

私にはどんなキッチンが合う?

キッチンの間取り、キッチンの種類からご自分に合ったキッチンを探せましたか?
現在の家の広さやどの様な暮らしがしたいかなどを整理して、コンシェルジュとこれからのご自分に合う暮らし方を考えてみませんか?お気軽にご相談ください。

関連するイベント

東横線(武蔵小杉・日吉・綱島エリア)に住む!戸建て購入・注文住宅相談会

東横線(武蔵小杉・日吉・綱島エリア)に住む!戸建て購入・注文…

人気の東横線でマイホームを購入するには?

「相場や予算はどのくらいで考えれば良いの?」
「現在販売に出ている物件はどういう物件があるか知りたい!」
「駅から徒歩10分以内の物件限定で探したいけど、15分まで広げた方が良いエリアですか?」
「東横線の住環境ってどうですか?」

など、東横線のエリアや駅の情報はもちろん、コンシェルジュが日頃キャッチしているエリアの情報を元に戸建て購入・注文住宅のご相談を承ります。


「まだ東横線に絞り切れていない」
「他の路線やエリアも気になっている」
「マンションも並行して検討したい」
…といったご要望でも構いません。


「予算の決め方はどうすればいい?」
「引越しまでのスケジュールはどう考えればいい?」

…など、検討スタートした段階の方から、具体的な物件をお探しの方まで個別相談会ですので、それぞれのご要望にあわせてコンシェルジュがアドバイスをいたします。


|開催日程|
随時開催しております。
下記リンクよりご希望日程をお選びください。

|費 用|
無料です。お気軽にご相談ください。

|対象エリア|
東横線(武蔵小杉・日吉・綱島エリア)を中心にご検討の方

-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------

その他の沿線別相談会はこちらからどうぞ

-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------

相談会

中古戸建 土地 新築戸建 注文住宅

このコラムを編集した店舗このコラムを編集した店舗

武蔵小杉東急スクエア店

武蔵小杉東急スクエア店

武蔵小杉東急スクエア店

〒211-0063 
川崎市中原区小杉町3丁目472 武蔵小杉東急スクエア1F

営業時間/10:00~19:00 
年中無休(年末年始を除く)