賃貸か購入か迷いますね

賃貸か購入か迷いますね

人は誰しも、何かしらの住まいを考えるものですよね。その際、賃貸か?購入か?は永遠のテーマでしょうか。

まず、住みたいエリアに住めるかどうかを考えはじめ、試しに賃貸に住もうかと思い立ったところで、ふと賃貸の良さはなんだろうと、改めて考えることがあるかもしれません。

賃貸の場合

賃貸ならば、便利な場所、駅近、勤務地に近い、海の近く、山の近く、ショッピングモールの近く…など好きなところを気軽に選んで住めるかもしれません。また、近隣との付き合いもほどほどにできたり、予算に合わせて住み替えができたりします。修繕費がいらない、固定資産税を払わなくて済むなどの気楽さもあります。

ただ、住む間は賃貸料を払わねばなりませんし、多くの場合は更新料の支払いもあるでしょう。また、高齢になってから探したり、ペットと住める物件を探したりすると、なかなか見つからないのも現状です。生涯住み続けるにしても、人から借りていればいずれは返す必要もありますので、それも何か落ち着かないという方もいらっしゃるでしょう。

それに、良質な物件がなかなか見つからず、気に入った物件が期間限定の定期借家だった場合は、また必ず引っ越しが発生するなど不安な部分もあります。自由ではありますが、制約もあるのが賃貸住まいといえますね。では、購入の場合はどうでしょうか。

購入の場合

購入をした場合、維持メンテナンス費、固定資産税、自治会費などかかります。日本では、一度お住まいを購入すると生涯住み続け、さらにお子様へ家を受け継いでいくことも考えられますが、昔と違い、子供の側が親の家をスムーズに受け継げるケースばかりでもないかと思います。

また、住まいの構造によっては、住人の家族構成が変わっても簡単に間取りを変更することも難しいため、不満な状態で住まなくてはいけない場合もあるでしょう。それに、住み替えも容易でないのも現状です。ただし、それでも持ち家であれば、多少の不便はあっても自分で住み続ける事は可能ですので、雨風をしのぐことができ、追い出される事もなく住めるという安心感はあります。

しかしながら、住む人のライフスタイルが変わり、売却を考えた時に、希望の価格で売れないために、予算の都合で仕方なく現状維持せざるを得ないケースも考えられます。

これには、住宅の過剰建築も要因の一つと考えられます。現在、日本では空き家が増えており、それにも関わらず新築を作り続け、中古は流通が滞り気味と言われております。新築購入は税制面で多くの優遇措置があり、より拍車をかけて建設がつづけられている状況で、そうなると売れない中古物件はより溢れてしまいます。

その時の自己都合に合わせて、住み替えができればよりよいかと思いますが、買うにしても借りるにしても、いかによいタイミングを見つけて住むことができるかがカギになるでしょう。
購入か賃貸かの選択に迷った場合やどのタイミングで判断すれば良いか迷った場合にはぜひコンシェルジュにご相談ください。お客様それぞれのご要望やお悩みを伺い、コンシェルジュがアドバイスさせていただきます。

もし土地が誰のものでもなく、必要な時に必要な分だけ借りて、家を建てる事ができたら、あえて危ない地域や不便なところへ住宅を作る事もなくなり、土地への執着などもなくなるのかもしれません。人はどこかに住まい、生活をし続けますが、安全で安心な住まいに平等に住むことができればと思います。適地に適材の人間が住む。住まいの問題はつきませんが、何かのタイミングと縁で決めてみるのも、思いきれるかもしれませんね。

【実例紹介】人生の三大支出と資金計画-45歳 このまま賃貸かマイホーム購入かを検討編-

【実例紹介】人生の三大支出と資金計画-40歳 年収500万円・単身女性のマンション購入検討編-

このコラムを編集した店舗このコラムを編集した店舗

武蔵小杉東急スクエア店

武蔵小杉東急スクエア店

武蔵小杉東急スクエア店

〒211-0063 
川崎市中原区小杉町3丁目472 武蔵小杉東急スクエア1F

営業時間/10:00~19:00 
年中無休(年末年始を除く)