東急線中古マンション販売状況分析|世田谷線|2019年版|

東急線中古マンション販売状況分析|世田谷線|2019年版|

2019年の世田谷線 中古マンションの販売状況とは?

シリーズでご紹介している「2019年 マンション・戸建て販売状況分析」、今回は世田谷線を取り上げます。

昨年2019年の中古マンション販売実績のデータ(※)を元に、各路線の各駅について販売状況をまとめたものです。
(※東日本不動産流通機構(東日本REINS)のデータを参考に、住まいと暮らしのコンシェルジュが独自にまとめたものです。データは過去のものであり将来の不動産市況の変動等が予測されます。また、このデータ提供によりご利用の皆様の当該価格での不動産購入を約束するものではありませんのでご了承ください。)

沿線または駅ごとに取引されている物件の「広さ(専有面積/建物面積・敷地面積)」「価格帯」「築年数」「駅からの距離」について取り上げます。

取引実績の多い広さ(専有面積)とは?|世田谷線|

単身以外の世帯を想定し、任意にて専有面積60㎡以上の取引実績をまとめたものが下記表です。
濃いオレンジの網掛けはその駅の中で最も取引件数の多い面積帯、次点は薄いオレンジの網掛けをしています。

世田谷線の特徴は、駅により登録数に大幅な違いが出ていることです。三軒茶屋駅は田園都市線 三軒茶屋駅も近い事から取引実績件数が多く50件を超えていますが、その他の駅では各駅10件を下回っています。実績件数のカウントがない駅も3駅あります。三軒茶屋駅は商業地としてのイメージも強いですが、その他の駅は住宅街として駅前に戸建てが多く広がっているようなエリアも多く、大型マンションが少ないことも影響していると考えられます。

■世田谷線の専有面積|2019年取引件数|一覧表

この表をグラフにしたものが下記です。
積み上げ棒グラフは専有面積の該当件数を面積帯により色分けしたもので、赤が60~65㎡、カラーグラデーションで青に近づくにつれ面積帯が大きいものを示し、濃青が100㎡以上を示します。(座標上軸、単位:件)
グレーの折れ線グラフは各駅の中央値を示しています。(座標下軸、単位:㎡)

三軒茶屋駅以外は登録件数が少ないため、1件の登録の数値が中央値に大きく影響を及ぼしていますが、特徴的なのは若林駅で80㎡を超えていることです。専有面積100㎡超が3件あり、世田谷線内では三軒茶屋駅でもこの面積帯で9件登録されています。このエリアでは専有面積の広い物件が多いと言えるのではないでしょうか。

■世田谷線の専有面積|2019年取引件数|グラフ

取引実績の多い築年数とは?|世田谷線|

取引された物件を竣工年別に表したものが下記です。

■世田谷線の取引物件 竣工年|2019年取引件数|一覧表

こちらをグラフ化したものが下記です。
積み上げ棒グラフは成約価格の該当件数を価格帯により色分けしたもので、赤が築5年以内の新しいもの、カラーグラデーションで青に近づくにつれ竣工年が以前のものになり、濃青が1959年以前を示します。(座標上軸、単位:件)
グレーの折れ線グラフは各駅の中央値を示しています。(座標下軸、単位:西暦年)

こちらも登録数の少ない駅は1件の登録が中央値に大きな影響を与えています。三軒茶屋駅は半数近くが2000年以降築となっており、現在進行中の駅周辺の再開発の動きがこの数字からも窺い知れます。

■世田谷線の取引物件 竣工年|2019年取引件数|グラフ

取引実績物件 駅からの距離とは?|世田谷線|

取引された物件を駅からの距離別に表したものが下記です。なお、徒歩とバス両方でカウントされている物件も含まれています。

世田谷線は駅同士の距離が比較的近いこともあり、徒歩10分以内の登録が多くなっています。三軒茶屋駅が他駅に比べ徒歩10~15分の登録数が多いのは、駅周辺が商業地でありのため、他駅に比べてここに登録されるマンションが広域にわたるためと考えられます。また、世田谷線は小田急線や京王線との複数路線が利用可能なエリアも多く、交通の便利なエリアと言えます。

■世田谷線の駅からの距離|2019年取引件数|一覧表

取引実績の多い価格帯とは?|世田谷線|

次に成約価格帯について探ります。価格帯別に表にしたものが下記です。

■世田谷線の成約価格|2019年取引件数|一覧表

この表をグラフにしたものが下記です。
積み上げ棒グラフは成約価格の該当件数を価格帯により色分けしたもので、赤が1,000万円未満、カラーグラデーションで青に近づくにつれ価格帯が大きいものを示し、濃青が3億円以上を示します。(座標上軸、単位:件)グレーの折れ線グラフは各駅の中央値を示しています。(座標下軸、単位:万円)

駅により大きな数値の違いが出ていますが、西太子堂駅の数値が低いのは竣工年、専有面積の値に起因するところが多く、やや偏った事例と言えます。下高井戸駅も他駅に比べて築年数の経過した物件が多いことが影響していると言えそうです。

■世田谷線の成約価格|2019年取引件数|グラフ

取引実績の多い坪単価とは?|世田谷線|

先にお伝えした成約価格を坪単価で表したものをご紹介します。

■世田谷線の成約坪単価|2019年取引件数|一覧表

こちらをグラフにしたものが下記です。
積み上げ棒グラフは成約坪単価の該当件数を価格帯により色分けしたもので、カラーグラデーションで赤から青に近づくにつれ価格帯が大きいものを示します。(座標上軸、単位:件)
グレーの折れ線グラフは各駅の中央値を示しています。(座標下軸、単位:万円/坪)

坪単価として比較すると、三軒茶屋駅と並んで松陰神社駅の値が目立ちます。この2駅は沿線内で比較的築浅の登録が多いことが影響したのではないかと考えられます。また、沿線全体を通して積み上げ棒グラフは黄色から緑の色の印象が強いですが、三軒茶屋駅ではオレンジと青色もあり、幅広い取引があることが窺えます。

■世田谷線の成約坪単価|2019年取引件数|グラフ

2019年の中古マンション販売データから世田谷線の販売状況を探りました。これで東急線中古マンション販売状況分析は最後になりますが、次回からは戸建ての販売状況分析をご紹介してまいります。

なお、東急株式会社 住まいと暮らしのコンシェルジュの店舗では、データだけではお伝えできないエリアの特性やおすすめのポイントもご紹介させていただいております。もちろん、お客さまそれぞれのご要望に合わせて物件の購入や売却、住みかえなどのサポートをいたしますので、お気軽にご相談ください。ご相談お待ちしております。

|コラム|東急線マンション・戸建て 販売状況分析|総合編|2019年版|

|コラム|東急線中古マンション販売状況分析|田園都市線・こどもの国線|2019年版|

|コラム|東急線中古マンション販売状況分析|東横線|2019年版|

|コラム|東急線中古マンション販売状況分析|大井町線|2019年版|

|コラム|東急線中古マンション販売状況分析|目黒線|2019年版|

|コラム|東急線中古マンション販売状況分析|池上線|2019年版|

|コラム|東急線中古マンション販売状況分析|東急多摩川線|2019年版|

このコラムを編集した店舗このコラムを編集した店舗

たまプラーザ店

たまプラーザ店

たまプラーザ店

〒225-0002 
横浜市青葉区美しが丘2丁目17-5 ROOF125 1F

営業時間/10:00~19:00 
年中無休(年末年始を除く)